<< ネット銀行 イーバンク・ジャパンネット・新生銀行の口座を作る訳! | main | アクセス解析(AccessAnalyzerと忍者ツールズ比較) >>

イーバンク銀行のメルマネ!?

イーバンク銀行の裏技を発見しました。(^^)

この裏技は、別名「自爆送金」というみたいです。

「自爆送金」をすると振込み手数料が100円になります。
(2005年3月13日までは、無料キャンペーン中です!)

詳しい説明はこの記事の終わりにリンクしています、ご参考に。

allow0 ランキングに参加中!他にも役立つサイトがたくさんありますよ(^^)

allow0  メルマガでも情報発信中!
   メールアドレス: 

では、この「自爆送金」とはなんなのか!?

ということですが、私も名前の由来は知りません。ただ、イーバンクでは、他行への振込みの場合、通常160円の振込み手数料がかかるところが、100円でできるということです。

ただし、郵貯「ぱるる」への振込みの場合は注意が必要になります。

それでは、説明していきましょう。


まず、イーバンク銀行がいっている「メルマネ」ですが、正式には「メール送金サービス」です。

「自爆送金」とは、「メルマネ」の応用になります。
【メルマネの特徴】
・ メールで送金ができる、日本初の画期的な方法です。
・ 面倒な口座番号の入力は必要ありません。
・ また、イーバンク口座同士なら無料で送金できます。
・ イーバンク口座はもちろん、イーバンク以外の銀行口座、または郵便貯金口座でも受取ることができます。

【メルマネでの振込みの流れ】
(お金を送る側)
イーバンクの口座をから、誰かにお金を振り込む(送金する)ときにメルマネで"送金"処理をすると、一時的にURLが自動的に作られます。そのURLがメールにて受け取る人に知らされます。お金を送る側がすることは、ここまでです。

(お金を受け取る側)
URLが書いてあるメールを受け取り、受取人がそのURLにアクセスし、どの銀行のどの口座に振り込んでもらうかを指定します。

これで、完了です。

ここで、

「振り込む側(送金人)からすれば、どこの銀行に送金されるか判らない」

というのがポイントになります。

振り込む側が、どの銀行に振り込むのか(振込み先)が分かれば、メルマネを利用して、振込み処理をすればいいのです。

しかし、当然ながら、通常、振込みをする際に、受け取り側の振込み先は教えてくれますよね。
上記の【振込みの流れ】の(お金を受け取る側)の処理も(お金を送る側)が行えば、通常の【振込み】と同じことになります。

ただ、諸注意があります。
・フリーのメールアドレスではない、アドレスを1つ持っている。
・郵貯「ぱるる」の場合は、振込み人名が出ないので、事前に受け取り人との打ち合わせが必要。

このことを注意しておけば、通常の振込みを100円の振込み手数料で処理することができるのです。

多少手間はかかりますが、ネットバンクの210円の振込み手数料を考えると、

110円の経費削減は大きいですよね!!

詳しくは、こちら

それにしても、イーバンク銀行はお得ですよね!

まだ、口座を作ってない方は↓からどうぞ!


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
recommend
出張なら
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM