<< ビジネス雑誌の拾い読み | main | 第7号:少しづつ結果が・・・ >>

第6号:メルマガの運営

-−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−--−-
★★  転職を考える前に  →  http://1cen.net/ds.html    ★★
--------------------------------------------------------------------

どうもです、「できる?脱サラ!実践報告」の田中です(^o^)/。

今日は、2月1日です。月初めには、その月の目標を立て、がんばりしょ
う! 目標がないと、なにも前にはすすみませんから・・・。

allow0 ランキングに参加中!他にも役立つサイトがたくさんありますよ(^^)

allow0  メルマガでも情報発信中!
   メールアドレス: 

ここ最近、年金の使途の問題が取り扱われています。

社会保険庁の無駄遣いも呆れますが、官僚の天下りのニュースを見たときに
は、呆れすぎて、開いた口が塞がらない状態でした(・o・)

一人の天下りで、何千万という私たちの年金が給与・退職金等に使われてい
るなんて・・・

こんなニュースを聞くと、安月給で毎日残業して働いているとやってられな
くなりますよね(T_T)

このような問題を見過ごすわけにはいきませんが、副業やサイドビジネスで
お金があれば、もう少し楽になるのにな・・・

と思われる方は、こちら → http://1cen.net/ds.html


╋「メルマガの運営」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガは、営業。

前回は、「メルマガ・ブログ・ホームページ」の内のメルマガを説明しまし
た。今回は、その「メルマガは営業」の突っ込んだ内容です。

企業には、営業マンがいますよね。営業マンがたくさんいた方が、たくさん
の仕事をとってきます。

企業には、販売する商品があります。それも単品でしている企業もあります
が、たいてい複数商品、または、関連商品を扱っています。

企業としては、ひとりの営業マンが複数の商品を売ってきてくれるのが理想
ですが、なかなか立派な営業マンにまでは育ちません。

ですから、はじめは、一営業マンに対し、一商品を売ってきてもらいます。

メルマガも同じことが言えます。

一メルマガにつき、一カテゴリ。

このメルマガが育っていけば、カテゴリを増やすわけではないですが、カテ
ゴリに関連するものを紹介したりすることができ、複数のカテゴリを扱えま
す。

さて、ここで言いたいのは、企業としても、売上を伸ばすためには、必然的
に営業マンも複数必要とするように、

  ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
    メルマガも複数あれば、複数の収入を得ることができる
  └―――――――――――――――――――――――――――┘

ということです。

また、これらのメルマガを組織的に扱えば、

  ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
      相互関係を構築し、プラスの収入をもたらす
  └―――――――――――――――――――――――――――┘

ことができます。

お互いのメルマガ同士で、いわゆる「相互紹介」が可能になります。

営業マンの世界でもありますよね。ライバルです。ライバルがいれば、お互
い売上の数字を意識します。そこに、競争原理が発生し、企業としては売上
増に連結します。


いま、現在、私は、合計7誌のメルマガを運営しています。

(7誌の運営は、結構大変です^_^; メルマガ以外にも、HPやブログもあ
るので、日々、メルマガ達の面倒?に時間を費やしています(*_*; )

要は、7人の営業マンを育成しています。

7人ともそれぞれのカテゴリはありますが、最終的にこの7人の情報をクロ
スさせ、相乗効果を企んでいます ^_^;

しかし、この7人がすべて成長するわけではありません。勿論、7人のうち
の、2人が転職を希望して辞めるかもしれません。

ですから、いつも、このほかにもメルマガができるネタを探しています。

企業もそうですよね・・・。

営業マンは十分いるのに、いつも人材募集をかけていたりしますよね。逆に、
人材募集をして、人材を育てていかないと、急に社員が辞められたとき、会
社は一時パニックになります。それも優秀な営業マンが辞めたら・・・、一
大事です。(汗)

または、新入社員を100人ほどまとめて採用し、そこから”ざる”にかけ
ていく企業もあります ^_^;(やることが派手ですね・・・でも実話です)

しかし、実際に営業マンを雇ったり、補充したりするのには、費用がかかり
ます。2,3年でやめていく営業マンなんて、一人あたり、何百万円という
経費が無駄になります(厚生年金、保険の半分は会社もちですから)。

そんなお金は、ないですよね!

でも、メルマガを発行するのっていくらかかりますか・・・?


基本的に、メルマガを発行するのは、タダですよね・・・。
(このメルマガも「まぐまぐ!」からタダで発行しています。)

メルマガを有る程度一人前の営業マンにするのに、費用はどのくらいかかる
でしょうか?

先ほどの営業マンのように、何百万って必要でしょうか?

かかっても何十万でしょう。
(有料広告などの費用)

しかし、何十万の費用は、最終的には売上として戻ってきます。そして、メ
ルマガが自己都合で退職していくこともないのです。

  ┌―――――――――――――――――――――――――――┐ 
     メルマガは愛社精神一筋の営業マンなのです。
     企業にとって、社員は財産なら・・・
     個人にとって、メルマガは財産、資産なのです。
  └―――――――――――――――――――――――――――┘

このように、メルマガをどんどん採用?して、売上を持ってくる営業マンに
育て上げないといけません。

ここで、「ようしっ!今日から、メルマガ教育するぞっ!」

とやる気満々で意気込みますが・・・

実際、どう育てていけばいいの・・・(?_?)

となります。

このメルマガをいつも見ていただければ、最終的には「メルマガ教育」方法
がわかると思います。

しかし、今すぐに、という

             積極的な方

      (このような方が成功されるのでしょう!)

の為に、今からご紹介する、ノウハウEブックで「特急券」を手に入れられ
たらどうでしょうか?

  ▼「メルマガ革命!〜フツーのメルマガの21倍稼ぐ秘訣〜」▼

     http://1cen.net/istm4.html


また、いつもの様に、田渕さんの紹介ですが、今回はもう一つ、ご紹介です。

商品公開後、3ヶ月で2000本以上の売れ行き!メルマガ1本で年収1000万円
を突破するための、メールマガジンでザクザク稼ぐ方法です。

        ▼ザクザク稼ぐメールマガジン ▼

     http://1cen.net/isim.html    
    
    
 編┃集┃後┃記┃
 ━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回、私のノートパソコンのリンクを貼りましたが、どうやらもう既に、完
売、もしくは、販売中止になっていた模様です。

かわりに、こちらはどうでしょう?

同等スペック、価格です。 → http://1cen.net/2.html


冒頭でも少し触れましたが、起業するのに必要なものは、行動です。

行動のみです。費用も殆どかかりません。

その内容はこちら → http://1cen.net/ds.html

それでは、また(^o^)/

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/01/09 8:18 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/02/08 7:36 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/03/17 6:22 AM
recommend
出張なら
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM